施工BIM(BIM専門部会)

 今までBIMは「設計から施工まで一貫して使わないと効果が出ない」と言われてきましたが、施工段階からBIMを始めても効果が期待でき、将来の建設業界にとって重要な技術のひとつになってきました。
 しかし、これまでの施工段階におけるBIM(以下、施工BIM)の活用は、ゼネコンや専門工事会社が明確な目的を持たずに実施する傾向が見られました。
 また、各社が独自のルールのまま進めたことにより、お互いに無駄となる作業をする場合も散見されました。
 そこで当専門部会では、専門工事会社・BIMツールベンダーなどと連携して、施工BIMの標準策定やそれらの啓発活動を通じて、施工BIMの利用により業界全体の生産性向上に寄与することを目指して活動を進めています。

 

【活動期間】2010(平成22)年度~ 現在まで
【テーマ】・・・・・施工BIMを業界に普及展開することにより、生産性向上に寄与する。
【活動内容】・・・・施工段階のBIMを業界へ普及展開するため、下記の2つのWG活動などを行なっている。
➀ 専門工事会社BIM連携WG
② BIM展開検討検討WG
※ 施工LOD検討WGは平成30年度は休止
③ BIM関連諸団体との情報交換
・次世代公共建築協会第Ⅲフェーズ・IFC/BIM部会へのオブザーバー参加
・ICIS(国際建設情報協議会)国内対応WGへ参加
・BLC(BIMライブラリーコンソーシアム)建築部会と連携